• ホーム
  • EDであることのデメリットは?

EDであることのデメリットは?

パソコンを見る夫婦

一番大きいデメリットは性行為ができないことになります。
性欲があるのに勃起をしないのがEDですので、男性にとっては辛い症状です。
勃起をしなければ勢いある射精ができません。
射精こそは性欲を解消するときに一番感じる快感ですので、それがなくなるのが大きなデメリットになるでしょう。
またそのデメリットはいろんなところに波及します。
それはパートナーを傷つけることです。
EDであることをパートナーに告白していればそれほど問題は生まれませんが、それができないのが男性です。
なるたけ自身の負の部分を女性に見せたがりません。
そのようなこともあり、性行為の際に女性の前で勃起をしないのであれば、自分に魅力がなくなったと勘違いすることもあるでしょう。
それだけではなく、他に浮気をしている可能性まで考えてしまうことになります。
その結果パートナーとして解消を迎える事態になることも考えられるでしょう。
EDはパートナーとの関係を希薄にする厄介な症状です。
これは離婚にまで発展する事態になることもあります。
EDは揶揄されることもありますが、人間関係を壊すこともありますので、症状を感じるのであれば改善することをおすすめします。
ED治療薬を性行為の数時間前に服用することで、これらのデメリットを解消することに期待を持つことが可能です。
ただ医薬品になりますので、すべての人に確実に効果があるのかというと、それは未知数になります。
ただ効果が出なかったとしても、ED治療薬は他にもありますので、それを服用することで改善する可能性があります。
勃起にまつわるデメリットは計り知れませんので、男性の方からなるたけ積極的に改善を試みるようにしましょう。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索